食材探し

2009年5月 8日 (金)

雨の伊豆高原

GW最終日、お店をお休み頂いて伊豆高原へ。

午前7時出発の予定が寝坊してしまい8時30分出発。朝食は、

どうしても寄ってしまう海老名サービスエリアでメンチカツサンドを購入。

Img_6646

Img_6644

神奈川県の高座豚を使ったメンチカツサンドは、食べ応えも十分で

美味しく頂いた。高速道路も上りに渋滞は見られたが、下りはガラガラで

ストレス無く走ることが出来き約2時間ほどで、伊東の道の駅『伊東マリンタウン』に到着。

店内を見学して少し休憩。昼食には少し早いのでとりあえず目的地を

目指すことに!外の雨は、やむどころかドンドンひどくなってきた。

途中、JAあいら伊豆を発見。

Img_6653

今夜の食材の朝獲れのタケノコと田せりを購入。

Img_6650

田せりはおひたしにタケノコは煮物にして食べた。絶品だった。

昼前に目的地周辺に到着。昼食を兼ねて伊豆高原ビールへ。

Img_6658

Img_6655

七輪でアジと金目の干物を炙りながらプレミアムビールを頂いた。

昼食後、雨もやむこともなさそうなので宿に頼んで、早めにチェックイン。

息子と一緒にいざプールへ。

Img_6675

夕方までプールで遊んで次は温泉。

久々にのんびりすることが出来た。

さて夕食だが、きょうは自炊することに。近所の魚屋にいって魚を購入。

Img_6661

Img_6660

マグロ、飛び魚、カワハギ、甘エビ、サザエを刺身に、金目を煮付けにした。

Img_6664

Img_6663

そこに田せりのおひたし、タケノコの煮物、途中購入した、そら豆とエシャレット。

現地で調達した食材を調理しての夕食は、絶品でビールも美味い!

気が付けば空き缶の山ができていた!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

リベンジ勝浦

朝市、ひな祭り、タンタンメンの旅に行って参りました。もちろん日帰り。

午前6時30分出発。

ひな祭りを開催していることもあり普段より多くの人たちで賑わっていた。

Dscn2694

Dscn2696

一通り朝市を散策。野菜と魚等を購入。おばあちゃん達との会話や料理の

仕方など聞きながらの買い物は本当に楽しい。

勝浦のひな祭りには初めて来た。町中に雛人形が飾られている。

Dscn2668

勝浦のひな祭りは、まだまだ歴史は浅い。平成13年からで今年で9回目。

Dscn2676

Dscn2679

徳島県勝浦町で行われていた『ビックひな祭り』の雛人形を里子として

譲り受け、同時に各地より雛人形を寄せていただきスタートした。

現在では、3万体以上の雛人形が町中に期間中の毎日飾られている。

町中をゆっくり散策したのち、前回食することができなかったタンタンメンへ。

Dscn2536

タンタンメンの『はらだ』さんに到着したのは、ちょうど昼過ぎ。当然の

ごとく店前は車とバイクと人だかり。とりあえず店内へ。どうやら10人以上が

待っているとのこと。ところが、子供と赤ん坊を抱っこしていたこともあり、

おばちゃんが『そこ空いたから座ってな!!』といって順番を飛び越して

テーブルを空けてくれたのだ。なんとも優しい心遣いに感謝しながら

タンタンメン2つとラーメン1つを注文。念願のタンタンメン頂きました。

Dscn2709

見た目は真っ赤だが見た目より辛くない!たっぷりと入った玉ねぎの

甘さと辛さがとっても上手に引き立っているではないか!!

Dscn2705

大変美味しく頂きました。ありがとうございました。

食後は、さすがに睡魔が・・・。がしかし次の目的地は・・・『市原ぞうの国』へ

Dscn2723

がしかしここには大きな落とし穴が・・・。千葉県の真ん中山の中。

そこは、スギ花粉の吹き溜まり。花粉のシャワーを存分に浴びてしまった。

若干目覚めの遅かった俺の花粉症が、完全に目を覚ました。昨夜から

どうしようもない症状が続いている。病院行かなくちゃ!!!

本日は、勝浦土産をメニューにしてみようと思います。

Dscn2728

まずは、お通しには、勝浦のおばあちゃんから買った今旬の『菜の花』。

メニューには、今日だけ限定の柳カレイの干物とホウボウの干物。

元木養鶏場の産みたて卵と千葉県産新米コシヒカリの

究極コラボ『こだわりの卵かけご飯』。をご用意いたします。

飲んだ後や夜食にぜひご賞味下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

食材さがし No8 勝浦編

今回は、息子と二人の旅。店から帰って風呂に入りすぐに出発。

行きは、京葉道経由で行くことにした。午前6時用賀インターから高速に

乗り込む。がしかし習志野料金所で睡魔が限界に襲ってくる。前日の寝不足が・・・!。

走り出してまだ30分なのに!しかたなくPAで30分くらい休憩&仮眠。

気を取り直して再出発。勝浦まで数箇所のコンビニに止まり休憩を

繰り返しながらやっと到着。前回朝市に来たときとは、ちがう場所での市だった。

まずはひと通り散策。今日は気持ち店が少ないようにも思えた。

一軒一軒おばあちゃん達とお話しながらの買い物。特に子供がいるせいか

どんどん話しかけてくる。しかもおばあちゃんが、かぼそい声で『買ってって~』と

言われるとなんだか買ってしまう。どこのお店も買うと必ずおまけをしてくれるのだ。

終わってみれば、持ちきれないほどの買い物をしてしまったのだ。

朝市の買い物を終えた後は、子供が海で遊びたいというので、

勝浦海中水族館と海の博物館に行き帰りに浜辺で遊んだ。数時間遊んで

しまっただろう。お腹も空いてきた。

そろそろメインのタンタンメンにと思い、浜辺を後にした。ラーメン屋までは

地図でみると15キロくらい約20分くらいだろう。がしかし確かに近くまで来ているのに

なかなか見つからない。雑誌等にも書いてあったがかなりわかりづらい所に

あるらしい。近所をうろうろしながらやっと発見。

Dscn2536

店周辺には県外ナンバーや東京ナンバーが多数止まっている。

そこで悲劇が・・・。来るのが遅すぎたのか麺がなくなり終了してしまった。

なんとも残念。おそらく直近の雑誌に出てしまったことも影響があるのだろう。

またリベンジしよう。

仕方ないので家路に!もちろん家路までも数箇所の休憩と仮眠を

してやっと帰宅。今回の旅は眠かった~~。

では、買ってきたお土産紹介。

Dscn2537

Dscn2539

鮮魚は、金目、イナダ、干物は、柳カレイ、アジ、背黒いわし。

寒シジミ、イカの塩辛、ホウレン草、人参、にんにく、ブロッコリー、

菜花、白菜おしんこ、銀杏、のり、わらびもち。

これらの食材を本日のメニューに取り入れます。

ぜひ新鮮食材をご賞味ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

ほったらかし温泉

昨日は、久しぶりのドライブ。

目的地は、山梨県勝沼のほったらかし温泉。

昼くらいの到着を目指し自宅を10時に出発。

途中談合坂PAで100円おでんでお腹を満たす。

Img_6089

この大根100円は安いんじゃないでしょうか!

勝沼インターを下りて20分くらいで『ほったらかし温泉』に到着。

ここには2ヶ所の湯がある。

Img_6098

その名も『こっちの湯』と『あっちの湯』。今回は広い方の

『あっちの湯』を選択。露天風呂からの景色がなんとも絶景だ。

Img_6101

天気が良ければ富士山も目の前に見ることができ、夜になると星空と夜景が

見ながら入浴できるのだ。今度は夜だなぁ。

帰りに、ほうとうと馬刺しを食べた。帰り道の途中にあった『つかさ』という店だ。

店内に入ると、テレビの取材や芸能人のサイン色紙が飾ってある。

Img_6110

馬刺しは、全く臭みがなくきれいな色をしているのだが、旨味が感じられなかった。

俺的にはイマイチかなぁ。

ほうとうも注文を受けてから生から作るらしく30分ほど待たされる。

Img_6113

なんとも薄味で野菜本来の味が染み出ていた。あまりにも上品なほうとうだ。

俺的にはやはりイマイチかなぁ。でもこちらのほうとうを好む方も結構いるのでは

ないだろうか。

帰宅してからほうとう鍋に納得していなかったのか、夕食も鍋にしてみた。

お土産のなめこと、冷蔵庫の端材を入れてニンニクとしょうゆ味に!

Img_6116

今回の勝沼目的は、当初今週のボジョレーヌーヴォー解禁にあたり

国産ヌーヴォーを飲みに行く予定だったが、出発が遅かったせいか

達成できなかった。月末30日の鍋パーティーの予習になってしまたかなぁ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

江ノ島散策

今回のお休みも息子と二人で江ノ島散策へ。

運動会の疲れと寝不足を何とかごまかしいざ出発。

さすが三連休の最終日ということもあり、道路も混んでいる。

江ノ島水族館から江ノ島に渡るまでなんと1時間もかかってしまう。

Img_5884

橋を渡る人たちも物凄い人たちだ。

こんなに混んでいる江ノ島って初めてだ。

Img_5886

まるで竹下通りのような賑わいだ。

参道をぬけて江ノ島エスカー乗り場へ。エスカーに乗るのも何年ぶりだろう。

恐らく20年ぶりくらいかなぁ・・・。

Img_5900

久しぶりに江ノ島に訪れたが、カップルがやたらと多い。8割くらいが

カップルじゃないかと思うくらいカップルが目立つ。

『恋人の丘』なるところの鐘を叩くと決して別れないという場所を目指して

カップル達がいちゃつきながら向かって行くのだ。

別れたくない人達は、どうぞ鐘を叩きにでも行ってください。手遅れの人は

ごめんなさい。

帰りに、一軒の店の前に人だかりが・・・。

Dscn2340

しらす専門店らしい。

店内で食べれるシラス丼が名物で特大の丼にたっぷりのシラスが

のかっているようだ。次回お邪魔させてもらうことにしよう。

ということでこちらでお土産を買って帰路へ。

釜揚げシラスと昆布ちりめん、しらすせんべいを購入。

今夜食べましょう!!!

帰りも2時間かかってやっと帰宅。

前日にお客様から頂いた、明太子とえごまの葉のキムチをつまみに

お土産の釜揚げシラスで芋焼酎を飲む。

Dscn2349

Dscn2354

Dscn2353

あっという間に酔い、睡魔が訪れる。

いつもどおり21時就寝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

武蔵野ビール工場part2

Img_5836

南武線府中本町駅から徒歩10分、分倍河原からはシャトルバスが

出ていたのだが、のんびり遊歩道を歩き、午前10時30分サントリー

武蔵野ビール工場に到着。

日曜日ということもあり、見学者が多数訪れていた。リニューアルオープン

しての初の日曜日ということもあるのだろう。

ここビール工場では、ザ・プレミアムモルツの製造工程を見学することができる。

製麦→仕込み→発酵→貯酒→ろ過→缶樽詰の6工程を約30分程度で

見学をする。見学後は、試飲の時間だ。約15分程度の試飲時間でモルツと

プレミアムモルツを試飲することができる。

Img_5846

『試飲は、お客様のお体のことを考え2杯までとさせていただきます』と

最初に釘を刺された。

朝食を抜いたすきっ腹の朝ビールは、本当に美味かった。

出来立てということもあるのか、華やかな香りがしっかりと確認できた。

Img_5847

見学が終了し、お土産を購入。帰りは、シャトルバスで分倍河原へ。

お土産は、ビール漬け(漬物)3種とビールうどんと缶ビールのキャップに

泡がキメ細かくなり美味しくなるというビアスムーサーを購入。

Img_5850

今夜は、ビール漬けつまみにザ・プレミアムモルツでも飲みませんか!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

食材さがしNo7

営業終了後、自宅に戻りシャワーを浴びてすぐ出発。

目指すは、山梨県小淵沢。調布インターから中央高速道路に乗る。

まずは談合坂SAでSAチェック。予習によると談合坂ラーメンが人気があるとの事。

Img_5112

やはり店内にも人気ラーメン『談合坂ラーメン』と書かれている。

これはやはり食べておかなければと思い注文。

Img_5113

みそラーメンに大量の揚げニンニク。朝8時過ぎに食べるには少しヘビーだ。

恐る恐る口にする。『んっ!普通だ。』『いや普通以下だ。』『なんで人気No1?』

と思いながら完食。微妙な朝食からのスタートだが気を取り直していざ小淵沢。

小淵沢インターチェンジ到着。インターから15分走り目的地の『サントリー

白州蒸留所』に到着。

Img_5135

Img_5117

俺自身、『NIKKA余市蒸留所』『NIKKA宮城峡蒸留所』に続き3箇所目の

蒸留所見学だ。

まずは、博物館へ。

Img_5118

館内で発見しました。

Img_5119

当時の角瓶だ。まさに復刻版と同じだがなんとなくラベルの汚れに

重みがある。

ウイスキーガイドに参加。

ウイスキーの出来る工程を順に案内してもらう。

その中でも、白州が他のウイスキーと違うのが発酵の作業だ。

Img_5123

このような『木桶』での発酵が白州の持つ独特の自然の香りを作り出すらしい。

ガイドが進む中で、『リチャー』という作業工程の見学があった。

『リチャー』とは、30年間使った樽をもう一度使用する際に行う工程らしい。

一度使った樽の中に『焼』を入れる作業だ。焼を入れることで以前のアルコールを

飛ばし、なおかつ樽内部の木を再生していく作業らしい。初めて目の前で見みた。

Img_5127

Img_5128

この後に、樽貯蔵庫を見学し次は試飲だ。

今回は、白州12年の天然水割りとソーダ割り、山崎の天然水割りの試飲だ。

Img_5130

試飲して美味かったのが、白州の天然水割りだ。普段飲んでいるものと

まったく違った。白州を作るためのマザーウォーターで割りなおかつ

氷までもがこのマザーウォーターで作られているそうだ。

飲み易くて何杯でもいけそうだ。試飲会場を後にして隣にあるバーへ。

Img_5133

右が『白州25年』、左が『白州秘蔵モルト』。

25年はさすがに美味い。加水するとやわらかい香りが広がる。見事だ。

左は、白州をシェリー樽で寝かした物。シェリー特有の甘みがあるが、

すっきりといた味わいだった。さすがに25年は買ってこれなかったが、

白州秘蔵モルトと白州樽出原酒15年を購入してきた。是非飲んでいただきたい。

白州蒸留所を後にして、次は道の駅『はくしゅう』。蒸留所から5分程度のところ。

ここで、常連の豚骨番長氏から教えていただいたように、水を汲んだ。

Img_5136

この水は、やっぱり南アルプスの天然水なのか・・・。この水で白州の水割りを

飲んでみよう。

帰り道にもう一軒道の駅『小淵沢』による。ここでかなり遅い昼食。

山梨と言えば、やっぱり『ほうとう鍋』。

Img_5145

写真では、あんまり美味そうじゃないが、これは美味かった。具もしっかり

入っていた。ウイスキーを飲んだ後の身体になんとも優しい味だった。

今回食材探しでは、初の山梨県だった。蒸留所と2軒の道の駅。

大変充実した旅だった。もっと時間があればもっと何かを探せるところだ。

空の高さと山の美しさ、木々の緑と美味しい水と空気を堪能できた。

『また行きたい!』と思うところだ。帰りの渋滞が無ければ・・・。

今回の収穫。

Img_5159

白州秘蔵モルト、白州蒸留所樽出原酒15年、せり、ワラビ、朝採れアスパラ、

ヤングコーン、白州みそ、ゴボウの味噌漬け、ルバーブのジャム、ラディッシュ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

食材さがし No6

GW最終日、久々の食材探し風ドライブへ。

午前7時30分出発。渋滞を避けるために千葉県内房を目指す。

内房に出かけた時には、必ず立ち寄りたい保田の『ばんや』へ。

開店30分前に到着したが、約100人くらいの客が待っていた。

今日のメニューは、ここからチョイス。

Img_4920

刺身は、5点盛とサザエの刺身を注文。

Img_4922

これで、1000円はかなりリーズナブル。

煮物に『ほうぼうの煮物』。奥が、写真撮り忘れた刺身5点盛。

Img_4921

焼き物に『エンザラの塩焼き』を注文。

Img_4925

『エンザラ』とはカマスの仲間で幻の魚とも言われている。

金目釣りの外道としてたまに釣りあげることがあるらしい。

食べてみるとなんとも淡白で本当に美味しかった。

次に揚げ物は、やはり定番の『アジフライ』と『しこいわしの揚げ物』。

Img_4924

Img_4923

これにビール2杯飲んで、満腹。『ばんや』を後にする。

かなりの睡魔と闘いながら、次に富浦の道の駅『枇杷倶楽部とみうら』へ

枇杷を購入予定だったが、さすがにまだ高い。12個で5000円。

代わりに、枇杷茶を購入。枇杷茶には、血液サラサラになり血糖値を下げる

効能があるらしい。どうやら年齢のせいかこんなフレーズに弱いらしい。

今夜あたり枇杷茶の焼酎割りなんぞいかがでしょう。

次に近くの大房岬の公園へ。ここは、以前釣りしに来た事があったところだ。

ここは、駐車場から海まで約400メートルの山道の階段を下る。

行きはヨイヨイ帰りは・・・、的なところだ。しかし海岸までたどり着けば、

下りてきた時の辛さや帰りの苦労など忘れてしまうだろう。

Img_4952

帰り道、もう一軒、道の駅に寄る。『富楽里とみやま』。ここは、館山道と

一般道と共通の道の駅になっている。1階には、農産物と海産物の販売を

行っており、2階では、レストランと売店がある。この売店が面白い。

変り種の串焼きや串揚げ、コロッケ弁当が並んでいた。花火大会の露店の

参考になりそうなならなさそうな・・・。

Img_4959_2

Img_4960

Img_4962

Img_4961

こちらが今回のお土産食材。

Img_4981

野せり、枇杷茶、ソラマメ、玉ねぎ、玉ねぎのたまり漬け。思いのほか

食材が見つかりませんでした。今度はもっと頑張るぞ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

食材さがし No5

恒例の食材さがし5回目を迎えた。

今回の目的は、4月6日のお花見食材。

七輪で美味しいものを炙りたいということで、

福島県いわき市で干物探し。

海と魚のフードテーマパーク『いわき・ら・ら・ミュウ』に到着。

Img_4605

Img_4599

10件近くの魚屋が並ぶ。

その前に昼食タイム。

来ると必ず食べる回転すし屋『おのざき』へ

Img_4595

常に混んでいるすし屋。値段もリーズナブルだが回転寿司にしては、

鮮度も抜群。直営の魚屋が隣接しているのも安心納得。

いわきと言えば『めひかり(目光)』。めひかりの握りを頂く。

Img_4597

腹ごしらえを終え、市場へ。

Img_4600

試食をしながら、炙り食材を探す。

やはり、めひかりの干物を購入。

その他もろもろ・・・購入。

美味しいものを、花見前にお取り寄せの予定。

今回の食材。

Img_4621

たらの干物。めひかりの干物。アナゴの干物。ずわいがに。ホタテ貝のひも。

豆アジの干物。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

食材さがし No4

今回の食材探しは、しいたけ狩りへ。

午前8時出発。目的地は、神奈川県小田原市根府川。

途中、秦野市の『じばさんず』に立ち寄り野菜を購入。

Img_4377

写真は前回行った時のもの。今回は前回と違い大混雑。写真を撮る余裕も

ないくらいだった。

今回の目的地、根府川の『お山のたいしょう きのこ苑』に到着。

Img_4021_2

まずは、しいたけの植菌体験。コナラの原木に穴を開け、菌を植え付けていく。

Img_4529

『がんばれ!パパ!』心配そうに見つめる息子。

原木に植菌後、今度はロウで穴に蓋をする作業をおこなう。

Img_4532

完成した原木は、持ち帰り今年の秋には、見事な椎茸がきっと実ることを

願う。水の管理が意外と大事な椎茸栽培。上手に育てれば2~3年は

収穫ができるとのこと。果たして上手にできるか・・・。

秋になったら椎茸日記も書かないとなぁ。

植菌体験を終えて、昼食を済ませ、椎茸狩りへ。

Img_4573

ハウスの中に並ぶ原木。そこにたくさんの椎茸が実っている。

が日曜ということもあり、なかなかいいサイズのものがない。

何とかさがして今日は、このぐらいにしておこう。

Img_4567

採れたての椎茸を本日はご賞味下さい。

さてどうやって料理しようかなぁ・・・。

秦野じばさんず

http://www.ny.airnet.ne.jp/jahadano/jiba/index.html

お山のたいしょうきのこ苑

http://www5e.biglobe.ne.jp/~kinokoen/

続きを読む "食材さがし No4"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧